le coffretはじまります

『le coffret』

フランス語で宝石箱という意味です

幼いころ小さな箱に大事にしまっていた

ビーズやガラスでできた

おもちゃのアクセサリー

たまに取り出してドキドキしながら眺めてた

あの頃のキラキラした気持ち

そんな気持ちを想い起すような

アクセサリーをつくりたい​と

考えています

 

10年前 ヨーロッパのアンティークを現地で買い付け

アンティーク雑貨&カフェ Puut Cocousで販売をしていました。

「大切に受け継がれてきた時間をそのまま誰かに手渡したい」

その時のコンセプト

その買い付けで出会ったアンティークのアクセサリーに惹かれてアクセサリーを作るお仕事をはじめました。

アンティークのアクセサリーは、100年経っても力強いオーラを放っていて、持ち主を変え何代にも渡って受け継がれ傷がついたり時代を感じるのに、私には新しいものよりもずっと力強い何かをひめているような感じがしました。

大切に使ってきた人の想いや、

過ごしてきた時間がしみついているような。

私もいつか受け継がれていくようなものを作りたい。

それがle coffretを始めようと思った原点です。

私にとってのジュエリーとの出会いを遡ってみると

それはたぶんお祭りで売っていたおもちゃや、

温泉の帰りにお土産屋さんで買ってもらったもの

祖母からもらったネックレスやブローチ

おもちゃのようなものだけど、当時の自分には

すごく輝いて見えて、小さな箱に大事にしまって

弟の手が届かないように奥の方に隠してた(笑)

誰もいない時にこそこそと取り出しては眺めてたのが

自分の中の一番幼いジュエリーの記憶。

今は大人になって、自分の好きなものを買えるし作れるようになった。

だから今度は、私が作ろうと思う。

子供のとき大事にしまってた宝石箱のような

心が踊るようなアクセサリー

そしてそれがいつか、誰かから大切な誰かへと

​手渡されていくようなアクセサリーを。

私と同じ思いでなくても、大切に受け継がれるジュエリーは、誰かの手で大切に作られたもので

誰かが特別な思いで使ってきたものだと思う。

誰かが大切な誰かへと

それを手渡すとき、そのお手伝いができればいい

少し手直しをしたり、

形を変えて新たな思いをこめたり

​そういうお修理やリフォームもやっていきたい

SNSでは日々の小さな出来事を綴っています*

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

COPYRIGHT©Puut Cocous All Right Reserved.